« 愛撫 | トップページ | 偶然を必然と呼んでみたり、そんな奇跡を運命と呼んでみたりする »

2010年7月 1日 (木)

そばに 太陽

     

     例えば一面の曇り空で

     雨なんかもばっちり降ってしまうと

     とたんに僕達は太陽を忘れてしまう

     

     雲の向こうにいつだって

     太陽は変わらずあるのに

     

     そんな風に簡単に僕達は

     アレやコレや大切なものを

     簡単に見失ってしまうから

     

     でも晴れれば簡単に思い出して

     見失っていた事もなかったことにして

     自分勝手に慈しむんだ

     時にむしろ慈しむことすら忘れてしまうんだ

     

     今日、僕の街では天気雨が降って

     雨降る町を、美しく、太陽が照らしていたよ。

     

     やはり変わらず、そこにいるんだ。

     

     だから

     君が変わらずそこにいて、

     僕も変わらず、ここにいればいいんだ。

     陰る事なく 曇ることなく

     ここにいればいいんだ

     

     そりゃたまには曇ったり、雨降ったりもしちゃうけど

     変わらずにそこにいれば

     また顔をだし、照らすんだ

     

     ずっとずっと そばにいたいよ。

|

« 愛撫 | トップページ | 偶然を必然と呼んでみたり、そんな奇跡を運命と呼んでみたりする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11482/35601248

この記事へのトラックバック一覧です: そばに 太陽:

« 愛撫 | トップページ | 偶然を必然と呼んでみたり、そんな奇跡を運命と呼んでみたりする »